製品情報
                             
Lumijet
Controller
製品情報トピックス納入事例ダウンロードKJLについてお問い合わせ
+

シームレステープライト

アルミレール

との組合せによる効果をご紹介

 

 

 

 

品番
KHH-DC24-SL[チューブタイプ]-[色温度]K-528
入力電圧
DC24V
消費電力
最大10W/m
LED数
528chip/m
LED
22(2200K)/27(2700K)/30(3000K)/35(3500K)/40(4000K)/65(6500K)/R(赤)/G(緑)/B(青)
光束
920lm~980lm/m
演色性
Ra90
カットポイント
45.45mm
チューブタイプ
S(シリコンチューブ)/T(収縮チューブ)

 

※受発注品の為、お求めの際は別途お問い合わせください。

※現在、ご好評につき納品まで5~6週間ほどお時間頂いております。

 

 

前回記事:シームレステープライト _ テープライト単体でシームレスを実現

 

 

 

シームレステープライトは、

テープライトの特性を活かし直線や曲面にもフレキシブルに対応できますが

アルミレールを組み合わせることにより、

シームレスバーライトとしても幅広い用途でご使用いただけます。

 

今回は、シームレステープライトと弊社のアルミレールを

組合せることによって起こる効果を各種ご紹介いたします。

 

 


 

集光アルミレール

カバーを集光レンズにすることによって狭角なシームレスバーライトとして使用。

 

    

 

寸法(mm)

 集光アルミレール:(W)17.3×長さ×(H)13.4

 

〈壁面から1m離して直接光源を向けて点灯〉

(左) 集光アルミレール有り

(右) 集光アルミレール無し

 

 

集光アルミレールを使うことにより、どれだけ狭角になるかを比較したテスト画像です。

 

集光レンズカバーによって20〜30度ほどの狭角にすることにより、

シャープな光を遠くへ伸ばすことが可能。

さらに集光することによりグレアカットの効果もありますので用途の幅が広がります。

 

 

 

定番アルミレール

 

高さが6.5mmの薄型なのでスリムなシームレスバーライトとして使用。

テープライト用オプションの定番アイテム。カバーはクリアと乳半の2種類あります。

 

クリアカバータイプ

輝度を抑えずに粒感を無くしたい方にオススメ。

 

 

寸法(mm)

アルミレール:(W)17.5×長さ×(H)6.5

 

乳半カバータイプ

シームレステープライトと乳半カバーを組み合わせることで柔らかな光を表現。

 

 

 

〈従来テープライトとの比較〉

(左)シームレステープライト+アルミレール 乳半カバータイプ

(右)従来テープライト+アルミレール 乳半カバータイプ

 

 

 

このように、アルミレール一つで同じ光源でも
様々な効果を持たせることが可能になります。
他にも別注アルミレール、ドットレスチューブなど弊社では
お客様がご希望されるデザインや使用環境により最適な組み合わせをご提案いたします。

 

 

お求めの方はKOYA JAPAN Lightingまでお問い合わせください!

 

チャンネル登録おねがいします!